新着情報

サイエンス・リーダー育成講座2020

9月19日(土)〜22日(火・祝)、10月10日(土)、11日(日)の計6日間、令和2年度子供科学技術人材育成事業『サイエンス・リーダー育成講座』(沖縄県公衆衛生協会・MIRAIME.Lab主催、協力:琉球大学)の遺伝子科学コースに、当分野の高江洲・梅村が講師として参加しました。今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、全日程がオンラインでの開催となりました。そのため、ラボでの実験はできませんでしたが、バーチャル実験とディスカッションを通じて、従来の遺伝子組換えとゲノム編集技術について学習しました。受講生一人一人が積極的に発言してくれたのがとても印象的でした。

クラウドファンディングプロジェクトの経過報告

結核に対する免疫療法の開発に関するCFは、おかげさまでセカンドゴールも達成し、無事に研究プロジェクトがスタートしました。当初の計画通り、結核菌の病原因子であるZ因子の組換えタンパク質を大腸菌で作製し(下図)、現在Z因子に結合するタンパク質の探索を行っているところです。サポーターの方々へは、もう少し詳しい中間報告を今月中にお送りいたします。このサイトへのお名前の掲載にご同意いただいた下記の方々を含むサポーターの皆様に改めて御礼申し上げます。今後とも私たちの研究にご関心をお寄せいただければ幸いです。

<サポーターの方々(順不同)>

角 征典 様
清原 秀泰 様
高部 智哲 様
浜田 聡 様
山内 桃子 様
稲福 征志 様
川田 亮介 様
沖田 大和 様
石部 雄紀 様
蔵前 伸彦 様
金城 亙亮 様
池田 和人 様
河井 一浩 様
比嘉 達志 様
藤本 昭一 様
金城 巨二 様
吉田 敏 様
佐々木 敦朗 様
川崎 正人 様
上地 秀昭 様
石井 貴広 様
人見 琢也 様
奥村 元一 様

市民公開シンポジウムを開催しました

去る10月20日(日)、沖縄県立博物館・美術館にて、結核をテーマとした「琉球大学熱帯生物圏研究センター 市民公開シンポジウム」を開催しました。あいにくの天気でしたが、大勢の方にお集まりいただき、誠にありがとうございました。また、ご多忙の折、ご講演いただいた大原先生と藤田先生に御礼申し上げます。事前準備から当日対応までサポートをしていただいた本学共同利用施設係の皆様にも深く感謝いたします。

IMG_01 IMG_02 IMG_03 IMG_04

結核に関する市民公開シンポジウムのお知らせ

2019年10月20日15:00~16:30に、「結核~今、知っておきたいこと」と題して市民公開講座を開催します。場所は、沖縄県立博物館・美術館の講座室です。結核について、3名のスペシャリストを講師として招待し、細菌学(岡山大学、大原直也教授)、免疫学(琉球大学、松﨑)、臨床医学(琉球大学、藤田次郎教授)の異なる局面から解りやすいお話をいただきます。お近くで、お時間がある方は、ぜひご参加下さい。市民公開シンポジウム_20191020

クラウドファンディング成功御礼(セカンドゴールで継続中)

9月から始めた、結核に対する免疫療法の開発に関するクラウドファンディング(CF)が、期間を2週間残して、75万円の目標額に達成しました。ご支援いただいた方々に御礼を申し上げます。ただいま、セカンドゴールを100万円と設定し、10月末日までの支援を募集しています。このCFによる研究は、これからが本番です。良い結果を社会に還元できるように、知力と技術を尽くしていきます。

クラウドファンディングを始めました

結核に対する免疫療法を開発する研究プロジェクトでクラウドファンディングを始めました。寄付金額は千円~10万円で設定しています。期間は、2019年9月2日~10月30日。総額75万円を目標としていますが、その金額を達成できなければすべて返金することになります。少しでも良いので、寄付に参加していただければ有難く存じます。研究報告などのリターン(見返り)も準備する予定です。詳細については、下記のURLをご覧ください。

https://academist-cf.com/projects/144?lang=ja

サイエンス・リーダー育成講座2019

8月17日(土)~19日(月)の3日間、令和元年度子供科学技術人材育成事業『サイエンス・リーダー育成講座』(沖縄県委託事業、主催:一般財団法人沖縄県公衆衛生協会、共催:琉球大学、他)の遺伝子科学コースに、当分野の高江洲・梅村・藏根が講師・TAとして参加しました。今年の受講生の皆さんも熱心に実験に取り組んでくれました。(今年はなぜかキムワイプがとてもお気に入りだったようで…。)

IMG_2050

大学院募集要項がでました

琉球大学大学院医学研究科の募集要項が出ました。私たちの研究室では大学院生を募集していますので、興味のある方はご一報ください。残念ながら、On Line上ではまだ募集要項が掲載されていませんので、入手希望の方は、直接大学の事務局に連絡するか、私(松崎吾朗)まで請求して下さい。

第1次募集:出願期間 R1年8月2日~9日、試験R1年9月5日

第2次募集:出願期間 R2年1月16日~23日、試験R2年2月15日

当研究室での研究と卒後の就職について、知りたい方は直接、松﨑にご連絡下さい。

マイコバクテリア感染の論文

当教室から、Mycobacterium bovis BCGの肺感染モデルにおける抗原特異的CD4+T細胞のケモカインレセプター発現とその役割に関する論文が出版されました。予想外に、ケモカインレセプターの機能を百日咳毒素でブロックしても、肺への抗原特異的T細胞の動員は変わらない、との結果が出ました。それでは、何かMycobacterium感染肺へのT細胞動員を規定するのか、謎が残ります。次の課題です。

この論文には、ポスドク研究員として参加した山崎雅俊先生が大きく貢献してくれました。ありがとうございます。

Matsuzaki G, Yamasaki M, Tamura T, Umemura M. Dispensable role of chemokine receptors in migration of mycobacterial antigen-specific CD4+ T cells into Mycobacterium-infected lung. Immunobiol. 2019. 224 (3):440-448. DOI: https://doi.org/10.1016/j.imbio.2019.01.006

琉球大学 未来共創フェア2019

3月23日(土)に開催された『琉球大学 未来共創フェア2019』(会場:沖縄県立武道館アリーナ棟)において、体験型ブースを出展しました。多くの方々のご来場、誠にありがとうございました。

IMG_1084 IMG_1088

  • 琉球大学 熱帯生物圏研究センター 熱帯感染生物学部門 分子感染防御学分野/医学研究科 生体防御学分野